Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政策金融公庫のセーフティネット貸付の拡充

日本政策金融公庫(略称:日本公庫、旧通称:国金)は、東北地方太平洋沖地震の発生に伴って、4月1日付でセーフティネット貸付を拡充しました。

一定の要件に該当する中小・小規模企業に対し、利率引き下げ措置等を実施します。

東北地方太平洋沖地震に伴う計画停電の影響や福島県の原発問題に伴う風評被害などにより、中小企業の経営環境の悪化が懸念されることから、制度を拡充するものです。

【拡充内容】
(4月1日~9月30日までの適用です。)

1.一定の要件に該当する事業者は、融資後3年間は基準金利から最大3%引下げ

2.融資限度額:最大4億8,000万円から最大7億2,000万円に増額

3.融資期間(据置期間):
運転資金7年以内(2年以内)→8年以内(3年以内)
設備資金15年以内(2年以内)→15年以内(3年以内)


【金利引下げの要件とは?】

1.雇用の維持または雇用の拡大を図る場合:基準金利─0.2%

2.最近3ヶ月の売上、利益率等が減少するなど業績が特に悪化している場合:基準金利─0.2%

3.1及び2のいずれも該当する場合:基準金利─0.5%


◎ご注意
融資限度額、最大7億2,000万円は中小企業事業(旧中小公庫分)に関してであり、国民生活事業(旧国民公庫)は最大4,800万円ので、お間違えなく。

上記制度拡充に関しての日本政策金融公庫のホームページ。

なお、4月11日付での、公庫の東日本震災による被災者への支援体制についてはこちら

災害復旧貸付についてはこちら

【追記】
同公庫のホームページ上では書かれてないので詳しくはわかりませんが、私の地元の支店の融資担当者のお話では、今回の震災の影響による一時的な資金繰り悪化の手当ても、状況に応じて柔軟に対応するので、何でも相談してほしい、とのこと。

民間の銀行でいえば短期の手形貸付みたいな感じなのかな。
心強いですね。

関連記事

Appendix

【会社設立サポートセンター金沢】


会社設立の手数料がたった39,000円~!

「なるべく費用をかけずに会社設立したい」

「めんどうな手続きは、代行してほしい」

など、さまざまなご要望に対応しております。

地元の税理士が経営している会社だから、創業後の決算や税金も安心!

プロフィール

会社設立サポートセンター金沢 代表・税理士 山内司

Author:会社設立サポートセンター金沢 代表・税理士 山内司
-----------------------------------
1967年生まれ。47歳。
北陸税理士会金沢支部所属。

民間企業勤務の後に独立し、2002年(平成14年)に山内会計事務所。

事務所設立以来、数多くの起業希望者にセミナーや個別相談などでサポート。

事務所所在地:
石川県金沢市下本多町6-40-1
フリーダイヤル TEL:0120-941-401

無料相談お申込み、お問合せはこちら

会社設立の料金表
 
会社概要・プロフィール
 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。