Entries

スポンサーサイト

銀行が預金を拘束してきたらどうする?

今回は、中小企業の経営者と銀行との関係および、中小企業の資金繰に関して。会社が銀行とのお付き合いの中で、出てくるかもしれない問題、「預金拘束」についてお伝えします。◎ケースA 『ある日突然、取引銀行から預金を拘束する旨の内容証明郵便が届いた。』全国銀行協会が作成した旧銀行取引約定書ひな型によれば、確かに、銀行には、債権保全のために必要な場合には担保を徴収することができます。しかし、それは客観的にそ...

青色申告について(法人・個人事業主)

今回は、創業や会社設立時によく迷われる方の多い、「青色申告」制度についてです。ざっくり簡単に言えば、「青色申告」制度とは、一定の帳簿を揃えてきちんと記帳していれば、税金の申告の上で、そのご褒美として様々な特典がもらえますよ、ということです。目次1.青色申告の条件2.青色申告のメリット3.青色申告で注意すべき点1.青色申告の条件◎個人事業主の場合青色申告をしようとする年の3月15日までに所轄の税務署長宛...

会社の役員の給与(その2)

今回は、以前のブログの続編として、会社設立時に悩むことの多い、会社の役員給与についてお伝えします。目次1.役員給与の損金算入の条件2.役員の範囲3.定期同額給与の条件4.期中改定が認められる場合1と2については、8月1日のブログでお伝えしました。今日は3の「定期同額給与の条件」と4の「期中改定が認められる場合」についてお伝えします。3.定期同額給与の条件法人の役員給与として損金算入できるのは、以下の3パターンであ...

会社の役員の給与(その1)

今回のブログは、会社の役員の給与(一般的に役員報酬とも言います。)についてです。社長をはじめ、会社の役員の給与については、ホントによく、ご質問をいただきますね。とくに会社を作ったばかりの創業時は、いくらで社長自身の給与を設定すればいいのか、おおいに迷うところですね。役員の給与は、もちろん、会社の経費として認められますし、税金を計算する上でも損金として計上できます。ただし、一般の従業員と違い、損金算...

会社設立後に必ずやるべきこと(その2)

以前のブログでは、会社設立後に忘れずに必ずやっておかなければならないことについてお伝えしました。要は、以下の3点。これさえ気をつけていればいいのです。1.会社設立後に役所に提出すべき書類を提出する。2.保存すべき書類を失くさないでしっかり保存する。3.決めるべき事を決め、実行する。1については7月15日のブログにてお伝えしました。今日は、2の「保存すべき書類を失くさないでしっかり保存する」と3の「決め...

会社設立後に必ずやるべきこと(その1)

こんにちは。税理士の山内です。私の事務所では、今から会社設立や創業を予定される方からのご相談をよくいただきます。それと同じくらい多いのが、会社設立後や創業してから幾分経過した後からの、決算や税金、会社経営全般のご相談です。そのような、起業・創業後の間もない方からのご相談をお受けする中で、「えー!今頃になっても、これをやってないのは、マズイよー。」ということがよくあります。要するに、会社設立後に忘れ...

Appendix

【会社設立サポートセンター金沢】


会社設立の手数料がたった39,000円~!

「なるべく費用をかけずに会社設立したい」

「めんどうな手続きは、代行してほしい」

など、さまざまなご要望に対応しております。

地元の税理士が経営している会社だから、創業後の決算や税金も安心!

プロフィール

会社設立サポートセンター金沢 代表・税理士 山内司

Author:会社設立サポートセンター金沢 代表・税理士 山内司
-----------------------------------
1967年生まれ。47歳。
北陸税理士会金沢支部所属。

民間企業勤務の後に独立し、2002年(平成14年)に山内会計事務所。

事務所設立以来、数多くの起業希望者にセミナーや個別相談などでサポート。

事務所所在地:
石川県金沢市下本多町6-40-1
フリーダイヤル TEL:0120-941-401

無料相談お申込み、お問合せはこちら

会社設立の料金表
 
会社概要・プロフィール
 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。